スマホ片手に月面観察♪

 このサイトを活用すると望遠鏡で見た月面のクレーターや地形の名前を調べられます!!!

 望遠鏡を手に入れるとまずは「月」に向けますよね。あのガリレオガリレイさんもそうでした。そして誰もが思った以上に美しく見えるので感動します。のぞいたレンズの向こうには山やクレーターなどがたくさん見えて ”すご~い” って感じです。それだけでももちろん良いのですけれど,クレーターの名前や大きさとかどのようにしてできたかがわかればもっと良いと思いませんか?
 科学館時代,数多くの天体観望会で月を見てもらいましたがなかなか地名やクレーター名が覚えられずに厄介でした。そこで今まで撮影した写真をもとに地名やクレーター名などを入れて調べられるようにしたのが,このサイトの「月の観察ガイド」です。

月の全景写真
部分拡大した写真


 見たい月齢のページに飛ぶと「月の全景の写真」に大まかな地形の名前が入っています。また,その下の「見どころポイント」では「部分拡大した写真」に地形の名前が入っています。解説もつけているので事前にチェックし,夜はスマホ(又はタブレット)を片手に望遠鏡と見比べれば,気になる地形やクレーターの名前がわかるというわけです。どうですか?便利でしょ!? ほとんどの月齢を網羅しております。
 ただし,「見どころポイント」で紹介している写真はかなり細かい地形まで写っていますので,小型望遠鏡ではすべて確認することはできません。自分の持っている望遠鏡でどこまで見えるか挑戦してみてはいかがでしょうか。
(※正確に表現できませんが,イメージ的には口径20~30cmの大きな望遠鏡を使って大気の揺らぎが少ないときに300倍前後で見た感じかと思います。)

 マイ望遠鏡をお持ちの方は,ぜひ!このサイトを月面観察にご活用ください!

 … とおすすめしておいて,おことわりすることが一つあります。実は,天体望遠鏡って「さかさま」に見えるんですね。天頂ミラー(プリズム)をつけると,上下はそのままですが左右が逆(鏡像という)になって見えるのです。そこはすみませんが,うまく脳内変換してくださいませ。(;^_^A

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる